障害児支援

放課後等デイサービス(障害児通所支援事業)
計画相談支援室レクタス(障害児相談支援事業)
児童福祉法と障害者総合支援法に基づいた支援事業をおこなっています

児童福祉法と障害者総合支援法に基づいた支援事業

放課後等デイサービス(障害児通所支援)

"一人ひとりの特性に合わせた個別支援計画のもと、 学校生活で困り感のあるお子さんに寄り添いながら、 わかる・できる楽しさを大切にした学習余暇支援を行います”

対象:学校教育法に規定する学校(幼稚園、大学を除く)に就学している障害のある児童・生徒。

※利用には、障害児受給者証が必要になります。まずは、レクタスにお尋ねください。

放課後等デイサービスが利用できる教室:霧が丘・都筑ふれあいの丘・三ツ境・鴨居・金沢

 

※参考リンク

横浜市ウェブサイト「障害児通所支援事業について」

計画相談支援室レクタス(障害児相談支援)

対象:障害児通所支援を利用するすべてのお子さん

内容:障害児が放課後等デイサービスなどを利用する前に、学校での支援も含めた利用者の総合的な支援計画を作成します。

利用開始後は定期的に支援の状況を見守ります。

負担額:無料

相談支援室:霧が丘本部内(横浜市緑区霧が丘4-24-11 TEL:045-873-7855

 

※参考リンク

福祉・保健・医療の総合情報サイト WAMNET 用語解説「障害児相談支援」